News

    世界遺産「国宝のある芸術祭」

  • 2022.1.27

  • 昨年秋、京都仁和寺における「国宝のある芸術祭」では、東京からも多くの方にお越し頂き、誠にありがとうございました。

     

    生憎、寒い夜でしたが、最後までご覧いただき感謝しております。
    この公演は、YouTubeにおいても公開させていただいております。
    ご覧頂ければ幸いです。

     

    テクノ・オペラ「観音抄」・・・検索語句〜仁和寺オペラ

     

    プロジェクション・マッピング「時の心象」・・・検索語句〜仁和寺・時の心象

     

    雅楽、御詠歌、声明・・・検索語句〜オペラショウの前半

 

 

    「狂言の世界」公演

  • 2022.1.26

  • 永年続けています、朝日新聞社様の主催による狂言公演をご案内いたします。
    パンデミックも新たな展開を示しているところですが、予防措置等しっかり対応いたしますので、お出かけ頂ければ幸いです。〜企画・製作協力:オペラ季節館

     

    2022年2月25日(金)14:00開演
    会場:有楽町朝日ホール 全席指定:7500円(税込)
    メールお申し込み:opera@coda.ocn.ne.jp (オペラ季節館)

 

 

    世界遺産・仁和寺「国宝のある芸術祭」フライヤーのご案内

  • 2021.10.4

  • 先にご案内しました、世界遺産・仁和寺「国宝のある芸術祭」について、改めて、フライヤーのご案内です。

     

    今回、テクノ・オペラ「観音抄」の公演に際し、宮田亮平氏より特別に氏製作の「銅鑼」をお借りすることができました。
    宮田氏は佐渡市ご出身の金工作家で、東京芸大学長を経て、この三月まで文化庁長官を勤めてこられた方です。
    直径約60cmながら、重厚で深みのある音色で、この芸術祭のテーマである「To Being」に相応しい音魂が、国宝・金堂に轟くかと思われます。

     

    また、今回の企画では主催者の仁和寺は「芸術家の支援」を目的に
    クラウドファンディング(CF)にも取り組んでいます。
    皆様のご協力を賜れば幸甚です。

     

    宮田亮平氏と、作曲・演出の伊勢谷宣仁

     

 

 

    世界遺産・仁和寺「国宝のある芸術祭」開催のご案内

  • 2021.9.13

  • 〜下記のURLで詳細をご覧ください~
    https://ninnaji.jp/news/art-festival-autumn/

     

    オペラ季節館=テクノ・オペラ「観音抄」等で公演参加

     

    世界遺産仁和寺は、様々な芸術表現が可能な多くの文化施設を有しています。
    これまでも主催、共催等において多くの美術展、華道展、コンサートを実施してこられています。
    そしてこの度の世界的なパンデミックの最中、人々への鎮魂、安寧を求めて新規に「仁和寺・国宝のある芸術祭」が計画されました。

     

    オペラ季節館は仁和寺のお考えに全面賛同し、この事業に企画・制作協力等で参画させていただいています。

     

    オペラショウの他、俊英の日本画家展、御室派等の生け花展、そして紅葉のライトアップが同時開催されます。

     

    仁和寺の周辺は金閣寺、龍安寺、妙心寺、堂本印象美術館等、著名な遺産施設が軒を連ねています。
    紅葉の時期と合わせて、お出かけ頂ければ幸いです。

     

    2021年9月  オペラ季節館 代表 伊勢谷宣仁

     

 

 

    ECC=「Excite Classic Concert・漣」公演の報告

  • 2021.8.27

  • 新たなサウンドを模索する同コンサートが、無事終了しました。
    パンデミック禍の稽古、本番でしたが、お陰様で何事もなく終えることができ、出演者、応援していただいた方に感謝申し上げます。

     

    出演者一同まさにワンチームで、笑いの絶えない稽古をすることができました。
    成果も課題も残りましたが、器楽中心の新たなユニットが誕生したように思います。
    今後とも、ご声援のほど宜しくお願いいたします。