オペラ&芸術季節館

    代表 伊勢谷 宣仁

  • -Norihito Iseya-
    (演出・作曲・アートコーディネーター)


    北海道出身。

     

    国立音楽大学在学中から、畑中良輔氏、栗山昌良氏、若杉弘氏、三谷礼二氏、佐藤美子氏等の薫陶を受ける中、日本の主要な複数のオペラ団体の要 として公私にわたり、150作品以上のオペラ、ミュージカルを企画、制作、あるいは演出

     

    ●主に文化庁芸術祭主催公演、同協賛公演、また、文化庁移動芸術祭 での全国公演都民芸術フェスティバルやイスラエル、フランスの音楽祭や演劇祭にも参加

     

    ●また新宿で小劇場モーツァルト・サロンを運営し、室内楽、舞踊、小 オペラ、ミュージカル等々のあらゆる舞台芸術を実施し、その数は2000作品に及ぶ

     

    ●さらに板東玉三郎のリサイタルや狂言師野村万作氏の<舞台生活 60周年記念全国公演>等々のコーディネート等の他、各地の周年記念等の舞台作品も数多く構想、実施

     

    ●新潟県の温泉郷松の山での野村万作による「真夏の薪 狂言」は十余年に及ぶ

     

    ●これらを通じて多くの権威ある賞を個人や団体にもたらしている

     

    ●この間、数次に亘り、フランス、イギリス、ドイツ、オーストリア、 ハンガリー,中国、アメリカ等々の舞台芸術を視察研修

     

    ●’83 に横浜シティオペラを設立

     

    ●’91頃から炎之丞の名で本格的に作曲活動に入り、多数の作品を生み出す

     

    ●多くの団体に書き下ろした作品の公演はオペラ、 ミュージカル、人形劇等年間500回に及んだ年も

     

    ●’91にオペラ季節館を創設、全国的に公演

     

    ●これま で朝日新聞社の有する二つのホールの企画も多数こなしている他、様々な文化事業を展開している

     

    ●’01にマンガ集団創立70周年記念展

     

    ●07年十日町市市 制50周年記念でキナーレにおける「炎」を構成・演出

     

    ●川西町のスーパーアマチュア劇団「夢きゃらばん」の指導・演出も13年に及ぶ

     

    ● 作曲作品多数。CDに「燦めく時空のうた」、木村 弓のアルバム「千と千尋の神隠し」(編曲)「歌の華祭」、DVDは「オズの魔法使い」「歌の華祭ブラジル公演」

     

    ●08年、樹木による花アート展「樹の華」 を企画・製作

     

    ●08年、「歌の華祭」ブラジル公演。

     

    ●09、10年、「シンデレラ物語」「ヘンゼルとグレーテル」を作曲

     

    ●11年、大空町5周年記念舞台公演を演出

     

    ●農業生産法人エデンの棚田・代表取締役。95年新潟県十日町市松之山にあらゆる芸術家の研修施設「芸術季節館」を設営。イベント学会、日本 総合学習学会、音楽プロデューサー協会等の会員。文化庁・芸術文化活動支援員。昭和音楽大学教授。

     

    現在に至る。